長かった! 長かった! 【いなり、こんこん、恋いろは。】のアニメが終了し、今か今かと待ち望んでいた第8巻の発売日! やっときた!

特別版BDが付属する特装版は6月26日に発売していて、通常版のコミックスは先日の7月4日が発売日でした。発売日がずれてるともやもやしますよね。早く! 早く発売して! と一日一日が長く感じてしまいます。第7巻がとてつもなく続きが気になるところで終わったのも大きな要因です。この日を今か今かと本当に待っていました。

そしてついにやってきたこの第8巻、これまでたまってきた色々なもやもやが一気に炸裂する内容となっています。物語は次々と決定的に動き出し、大きな山場がこれでもかこれでもかと訪れます。もうやめて! 私のライフはとっくにゼロよ! と言いたくなるほどにたんばばっしいあああわあああああいいいいほひひひひひ!

ところで第9巻の発売日はまだですか? 続きがっ、続きがっ!

8巻のストーリー

丹波橋くんはいなりが周りに隠していた秘密に気がついてしまいました。これ以上の嘘に耐えられないいなりは、これまでの全てを丹波橋くんに告白します。そして訪れるバレンタイン、いなりの大事な想いをついに丹波橋くんに伝える時がやってきて……。

一方でうか様は燈日とのバレンタインを期待して浮き足立っていました。しかし盛り上がれば盛り上がるほどに、自分と燈日の距離を思い知らされ気持ちは沈んでいきます。

そしてついに、燈日の一言で感情は爆発し……。

いなりの告白

ずっと好きだった丹波橋くん、困ってる人に優しくできるかっこいい丹波橋くん、中学1年生の春に丹波橋くんに助けられたあの日から、ずっといなりは丹波橋くんのことが好きでした。うか様と出会い、墨染さんと出会い、色々な人や神様と出会い、いなりは本当に多くの経験してきました。夏が過ぎ、冬を越し、そして訪れたバレンタインの季節、いなりはついに心を決めます。

この想いは嘘じゃない。他の誰でもない、いなり自身の大事な大事な温かな気持ちを、いなりは……。

学校の屋上で丹波橋くんに告白をするいなり。【いなり、こんこん、恋いろは。 8】p.120

ついにこのときがきた。
8巻まで積み上がってきたいなりの恋物語。
【いなり、こんこん、恋いろは。 8】p.120

続きは是非単行本を買って読んでみてください。

次巻に続く! という展開にはなりません。この第8巻の中でいなりの告白に丹波橋くんは答えを出してくれます。第1巻から始まり、第8巻までやってきたいなりの恋物語にここで一つの結末が訪れます。

ふと第1巻を読み直してみるとなんだか感慨深い気持ちになってきます。いなパン! と呼ばれていたあのいなりがここまでやってきました。この第8巻のいなりがかわいくて愛おしくてたまりません。

今度はうか様のターン

いなりに大きな進展があった一方、うか様も燈日に友チョコを渡そうと浮き足だっています。

しかし燈日への想いが募れば募るほど、うか様は神と人との関係を思い知らされることになります。想いは重く胸にのしかかり、うか様の心は潰されていくのです。

いなりや燈日が成長していく姿は神であるうか様にとっては大きな喜びでした。しかし、彼らの周りに新たな友人や恋人が生まれ、やがてはその中に自分の姿がなくなることに今は不安を覚えています。かつての自分からは考えられない感情にうか様は振り回されているのです。

うか様は人間と仲良くなり過ぎました。

燈日に胸の内をぶつけるうか様。その願いは「人間になりたい」【いなり、こんこん、恋いろは。 8】p.174

「人間になりたい」
それは、うか様の願い。
【いなり、こんこん、恋いろは。 8】p.174

人間になりたい……

人間であれば、いなりや燈日と同じ人間であったならば、こんな苦しい想いも、一人孤独になる不安もなかったはずなのに、自分が神ではなく人間であったのならば……。うか様は抱き始めていた願いを、ついに燈日に打ち明けてしまいました。

この第8巻でいなり周辺のストーリーが一段落しここからはうか様がメインになっていきます。悩みを打ち明け言葉にしたことで、うか様は自分の感情を理解してしまいました。うか様は神でありながら、一人の人間を愛してしまったのです。これは間違いなく恋でした。

うか様の恋物語がこの後どうなるのか楽しみで仕方がありません。しかしそれにしても、燈日の一言で放心状態になるうか様がべらぼうに笑えます。めっちゃシリアスな展開だったのに、かわいいなぁ。本当にかわいいなぁ。

8巻の感想

たんばばっしいああああやああああわああいいいい

丹波橋くんが本当にかわいいです。具体的に言うと、かつて【はしも】に変身して丹波橋くんの家に行ったいなりにエロ本を見せていたことを知ったところの丹波橋くんがかわいいです。

いなりにエロ本を見せていたことを知ってしまい壊れる丹波橋くん。かわいい。 【いなり、こんこん、恋いろは。 8】p.147

いなりにエロ本を見せていたことを知ってしまい壊れる丹波橋くん。かわいい。
【いなり、こんこん、恋いろは。 8】p.147

なんでいなりもエロ本のタイトルを正確に覚えてるんだ! 一年近く前の出来事じゃないか!

快感王4月号モミモミ祭り】な!

快感王4月号モミモミ祭り】な!

第1巻の【快感王4月号モミモミ祭り】から本書の第8巻まで、本当に色々なことがありました。ここでようやくいなりの恋物語に一つの結末が訪れます。なんだかしみじみと感慨深い気持ちになってしまいました。

いなりはかわいい女の子だと思います。

ただ、その性格やトラブルメーカーなところが災いしてアホなところが目立ちがちです。アニメ放映後の感想でも「いなりがバカすぎる」とか「いなりが可愛くない」などのネガティブな意見をネット上でちらほら目にしました。

その感想自体を否定する気はありません。いなりは確かにバカだし、トラブルメーカーだし、寸胴だし、同じ失敗を何度も繰り返します。でも、私はいなりの明るく素直で優しいところが大好きです。バカなところもアホなところもひっくるめて、愛らしい彼女こそ間違いなく【いなり、こんこん、恋いろは。】のヒロインです。

この第8巻のいなりはすごくかわいいです。自分の想いを、自分の姿で、真っ直ぐに告白するいなりの姿に私は感動を覚えてしまいました。ここまでの物語があったからこそ、いなりが成し遂げたその光景がうれしくてうれしくてたまらないのです。良かったね! いなりちゃん様!

一方でうか様と燈日の関係にも進展が見られます。さらなる結末は次巻以降への持ち越しですが、こちらも気になって気になって仕方がありません。いなりにも何やら不穏な影が見え隠れしますし、うか様共々、今後がどうなっていくのか気になってしまいます。ええい、早く第9巻が読みたいっ!

それにしても182ページのうか様の破壊力が素晴らしかったです。2ページ前とのギャップも素晴らしく、こちらまで【うれしい!!!】気分になってしまいます。にやにやが止まらない。

コンちゃああああああああああんんんんん。・゚゚ ‘゜(*/□\*) ‘゜゚゚・。

この第8巻は限定BDが付属した限定版が発売しています。ちょっとお高いですが。

このBDにはアニメではカットされた話を第11話として収録しています。内容は原作の第3巻14話にあたり、コンちゃんが主役のお話です。そう! アニメOPであれだけ期待させておいてアニメ本編には全く登場しなかったショタコンちゃんの登場です! いやっふううううう!

【いなり、こんこん、恋いろは。】アニメOPよりコンちゃん。中央で元気よくジャンプしている小さい子供がコンちゃん、ちょーかわいい。

アニメOPにちらっと登場するコンちゃん。
本編には出てこなかった……。全国のコンちゃんファンは泣いた。
【いなり、こんこん、恋いろは。】アニメOPより

ちなみに原作においてコンちゃんの性別についての言及は一切ありません。原作者曰く「ご想像にお任せしますっ」となっています。ならば男の子に決定ですね。こんなに可愛い子が女の子のはずがない。

さておき、この第11話のアニメではあのコンちゃんが動いてしゃべってます。それだけで幸せです。

白兎くんにしっぽを鷲掴みされて「んひゃう!?」するコンちゃん。 ああ、このシーンを声つきで聞けるなんてそれだけでお腹いっぱいです。 【いなり、こんこん、恋いろは。】 3巻 p.125 と アニメ第11話より

白兎くんにしっぽを鷲掴みされて「んひゃう!?」するコンちゃん。
ああ、このシーンを声つきで聞けるなんてそれだけでお腹いっぱいです。
【いなり、こんこん、恋いろは。】 3巻 p.125 と アニメ第11話より

もうこのコンちゃんを見ているだけでこっちも変な声を出してしまいそうなテンションになっていきます。んひゃう!?。 なぜ、これを、アニメ本編で、放映しなかった!

この第11話には最終回の後日談のシーンもありますが、基本的にはコンちゃんの話を回想という形で描いたものです。どちらかというとファンディスクの要素が強く、最終回後のストーリーを期待すると特に何も描かれてはいませんので注意してください。コンちゃんを愛でて、コンちゃんに癒やされる、コンちゃんのための特別版です。

うれしいことに追加シーンもいくつかあり、中でもヒロインのいなりにボディブローを喰らわせる真ヒロインのコンちゃんが素敵です。

マンガだと背景で密かに描かれているコンちゃんの腹パン。第11話ではかなり気合いの入った腹パンになっていました。 【いなり、こんこん、恋いろは。】 3巻 p.138 と アニメ第11話より

マンガだと背景で密かに描かれているコンちゃんの腹パン。第11話ではかなり気合いの入った腹パンになっていました。
【いなり、こんこん、恋いろは。】 3巻 p.138 と アニメ第11話より

もう、このシーンで大爆笑ですよっ! 丹波橋くんのお母さんに変身して白兎くんを喜ばせたいいなりと、それを何とか阻止したいコンちゃんの手に汗握る攻防戦です。かなり見事にボディーブローが決まっています。

いなりは無闇に変身能力を使ってしまうことで物事を余計に混乱させてしまうことが多いです。いなり自身に悪気はないのですが、必ずと言っていいほどに行動は裏目に出てしまいます。そんないなりをコンちゃんは何とか止めたいと考えますが、結局最後にはいなりの気持ちを汲んで許してしまいます。いなりもコンちゃんもそこが未熟でもどかしいところです。でも、そこがまた愛らしくてたまらないところなんです。

本書第8巻の本編にもちらっとコンちゃんは登場します。もうそれだけであひィーッ!!! カバーをめくったところにもコンちゃああああああああああんんんんんあひあひあは。

いなりがかわいい? コンちゃんの方が100億万倍かわいいに決まってんだろ!!!