10月27日から11月9日の2週間は読書週間だそうです。

読書週間とはなんぞや? と少し調べてみたら、「読書の力によって、平和な文化国家を作ろう」という決意のもと1947年から続く運動らしいです。

公益社団法人 読書推進運動協議会

読書の秋、本をもっと読もうぜ!ってことです。

そしてそんな折、ツイッターで「#読書週間だからRTされた数だけお勧め本プレゼンする」というハッシュタグを見つけたので私も参加してみることにしました。結果的にお気に入りも含めて10票頂きましたので10冊の本をご紹介させていただきました。

この記事は一言コメントを付け加えた、そのまとめです。改めましてリツイート&お気に入りしていただいた皆様ありがとうございました。

1冊目「ドングリと文明」

かなりお気に入りの一冊です。

子どもの頃から当たり前として知っていたドングリ。しかしその実、本当に重要なことは何一つ知らなかったということを教えてくれた本です。この本に出会い、もっと色々なことを知りたいという知識欲が一段と強くなりました。この本を読む以前からも読書は好きでしたが、その姿勢が変化したのはこの本がきっかけです。

この本から学んだことは限りなく大きいです。

2冊目「ほんとに使える「ユーザビリティ」」

Webデザインを学ぶために買った一冊ですが、日常生活でも役立てられる知識が得られるオススメの一冊です。

著者の体験を元にした内容は分かりやすくユーモアたっぷりで、読んでいても面白いので肩肘張って読むような本ではありません。ですが、読み終わった後には有用な知識を得たという満足感が生まれると思います。

デザインを学ぶ人だけじゃなく、多くの人が読んで欲しい一冊です。

3冊目「メイドインアビス」

度し難い! すごく度し難いマンガです!

タイトル自体は以前から知っていて、そのうち読もうかなリストに入っていたマンガです。今年の夏頃に第3巻が発売されて話題になっていたので、それを機にまとめて購入しました。もっと早く買っていれば!

かわいい絵柄や夢見る探検とは裏腹に、かなりきついシーンもあります。しかし描かれるべくして描かれているのでそれを不快に思うようなことはありませんでした。それだけ世界観の設定や描写が秀逸です。そして悲しみや絶望以上にあこがれや希望が溢れているので、読んでいてワクワクが止まりません。

それにしてもナナチはかわいいですね。

4冊目「ドクター・ラット」

内容はグロテスクで目を背けたくなるシーンもありますが、不思議と物語に引き込まれていく面白さがある本です。狂気すら感じました。

今まで読んだ本の中で気持ち悪い本の上位に入ると思いますが、いい意味で印象強く残っている本でもあります。間違いなく面白い一冊です。

5冊目「森と氷河と鯨―ワタリガラスの伝説を求めて」

星野道夫の遺作となった本です。

ワタリガラスの伝説を求めてアラスカからシベリアに渡った旅が美しい写真と文章で描かれています。しかし、その旅の途中に書かれた最後の手記は彼の死へと向かっていました。胸が痛くなる思いです。

シトカの街で出会ったボブとの話は星野道夫のエッセイの中でもかなり好きな話です。彼の物語には何度だって読みたくなる強さがあります。悲しみの中に優しさがあります。

出来ることなら、彼らの物語が私はもっと見たかった。

6冊目「シェイクスピア&カンパニー書店の優しき日々」

ヘミングウェイやフィッツジェラルドなど名だたる作家とも関係がある伝説的な書店が舞台のノンフィクションです。

この書店は貧しい作家たちにベッドや食事を与えてくれる避難所でもありました。偏屈な店主や個性豊かな住人たち、彼らが繰り広げる日常はまるで小説の物語のようです。

元新聞記者の著者が描く文章は冷静で落ち着いていて読みやすく、書店の魅力をとても丁寧に描き出しています。本好きにはたまらない一冊です。

7冊目「いつかぼくが帰る場所」

設定はSFっぽいですが、内容は主人公の心の内を描いた切なくも牧歌的な物語です。

この小説は文章が詩的で美しく、独特なリズムがあるのが特徴的です。というのも、セリフと地の文を区別する引用符がないので、どこまでが実際に発した言葉でどこまでが胸の内の声なのかの判断が曖昧になっているのです。さらには主人公がかつて罹った病気の後遺症で思考が時折曖昧になるのも重なり、まるで踊っているかのように文章が紡がれていきます。読んでいてこれがすごく心地いいのです。

8冊目「その本の物語」

朗読を続ける少女と、その朗読されている「風の丘のルルー」という二つの物語が同時進行で進む面白い小説です。この二つの物語が後半にかけて収束していく様は素晴らしいの一言です。

物語が持つ力、本が持つ力、やっぱりそれはとても大事で大切なものなのだと改めて思いました。

この本はブログでも記事にしていますので、そちらも是非。

【読書感想・紹介】 その本の物語 上巻

【読書感想・紹介】 その本の物語 下巻

9冊目「This is the Life」

多くの児童文学作品を書いてきたアレックス・シアラーが書いた大人向けのフィクション小説です。これまでの作品とは一味も二味も違う作風ですが、個人的には集大成とも言える最高傑作だと思っています。

この本も以前記事に書いていますので、よろしければ是非。

【読書感想・紹介】 This is the Life

10冊目「Jing:C@RDs」

「王ドロボウJING」「KING OF BANDIT JING」の著者、熊倉祐一の画集です。

一風変わった画集で、中身は本ではなくトランプになっています。一枚一枚にイラストが描かれているというすごくおしゃれで凝った作りをしているのですが、カードを傷つけたくないのでめったに出さずにしまったままだったりもします。

私の宝物のひとつ。

最後に

日本人作家の本ももっとたくさん読みたいね。