昨日、カラーコーディネーター3級の試験を受けてきました。色彩検定の1級に昨年合格したので今度はカラーコーディネーターに挑戦というわけです。

ネットに出てる解答速報で自己採点したみたところ、90点くらいは取れてそうなので合格はほぼ間違いないと思います。テキストと問題集を初めて開いたときは予想外の難易度にやや驚きましたが、合格は出来たようで何よりです。過去問と比べても今回は簡単なように感じられましたし、運も良かったのかもしれません。いやー良かった良かった。

カラーコーディネーター検定試験とは

カラーコーディネーター検定試験とは、東京商工会議所が実施している色に関する知識や技能を問う試験です。3級・2級・1級とあり、さらに1級は3つの分野「ファッション色彩・商品色彩・環境色彩」に分かれています。今回私が受験したのは一番下の3級です。

年2回、6月と11月に試験がありますが1級は11月にしか受けられません。さらには一度に一つの分野しか受験出来ないため、全ての級を合格しようとすると最短でも3年かかります。結構難しくて大変な試験です。

詳細は下記の公式サイトをご覧ください。

色彩検定との違い

色彩検定もカラーコーディネーター検定も色に関する試験です。しかしながら、主催団体の違いから出題範囲の傾向や問題形式は異なってきます。

色彩検定を主催しているのは色彩検定協会(A・F・T)で、その前身は全国服飾教育者連合会という服飾関連の団体です。ゆえにファッションに関する分野が強く、配色に関する問題が多く見られたように思えます。

一方でカラーコーディネーター検定の主催は東京商工会議所なので、主体にあるのはビジネスです。学術や工業に関する分野が強く、特に1級は3分野に分かれているのでより高い専門性が求められることになります。

そして、あくまでまだ3級だけの話になりますが、

カラーコーディネーター検定の方がかなり難しい!

と言うのが、実際に試験を受けて感じた印象です。

カラーコーディネーターの3級は「色とは何か」という基本的な部分が出題範囲なのですが、その範囲は色彩検定の3級・2級・1級の内容が含まれています。ですので「色彩検定の3級受かったからカラーコーディネーターの3級も楽勝でしょ♪」程度の考えで試験を受けると痛い目を見る恐れがありますのでお気を付けください。

専門的な用語の正しい理解や歴史に関する知識がないと解けないような問題もあります。ただ幸いにして出題範囲はあくまで色に関する基本的な部分のみですので、難易度自体はそこまで高くはありません。きちんと試験対策をしておけば余裕を持って合格出来るとは思います。

いくつか参考になるサイトを載せておきますので、よろしければご覧ください。

3級を受験してみて

色彩検定の1級をすでに取得していたので、正直なところ今回受験したカラーコーディネーターの3級はなめてかかったところがあります。試験勉強を本格的に始めたのも残り1ヶ月を切ってからでした。

ところが公式テキストを開いてみて、びっくりです。

え、範囲広ッ!? 色彩検定1級の内容まであるじゃん!!

そして試しに過去問を解いてみると……。

ぶへッ! 意外と難しいぞ、合格ラインぎりぎりじゃないかッ!?

(勝手に)予想していたよりも難しい問題に驚き、急いで勉強に取りかかるはめになってしまいました。こんなことならもっと早くに試験対策を始めておくべきでしたが、すでに後の祭りです。

もし、これからカラーコーディネーターの試験を受けようとしている方がいらっしゃいましたら、まず最初にやるべきことは過去問を解いて試験問題の難易度と出題範囲を“理解”することが先決だと私は思います。

色彩検定1級取っておいてなんですが、正直、キリスト教文化圏における黄色の意味なんて知らなかったですし、光電色彩計の詳細な仕組みなんて把握していませんし、国内にある蛍光灯の種類なんてちんぷんかんぷんですよ。そもそもCCICって何だよPCCSじゃないのかよ!? といった有様です。

基本的な知識はすでに持っていましたので、より細かな部分を埋めて正答率を上げるというのが今回私が目指したところです。そのためにもとにかく練習問題と過去問題を解き、不正解だったところや意味が分からない単語をテキストで再確認するということを繰り返しました。

当たり前の勉強法ではありますが、出題範囲の広さも考えればカラーコーディネーターの公式テキストと問題集は必須と言えると思います。繰り返しますが、色彩検定をクリアしたから余裕でしょ♪などとは考えない方がいいです。きちんとテキストと問題集を買って、隅から隅まで勉強すべきだと私は思います。

公式の問題集は練習問題が豊富で模擬試験や過去問題も載っていますし、実際に試験で問われる問題形式に慣れておくと言う点でも非常にオススメです。テキストを参照しながらこの一冊を徹底的に勉強すれば十分合格出来ると思います。

ひとまず合格ラインは超えたはずですが、3級でこの難易度だとこれから先のことが思いやられます。とりあえず次は6月の2級を目指しますので、早め早めにテキストを購入して勉強を始めた方が良さそうな予感です……。

ガンバロ!