小説【ニンジャスレイヤー】より、「デイ・オブ・ザ・ロブスター」を読んだ読書感想文を書いてみました。

原稿用紙5枚分、2000文字を目安に書いています。夏休みの宿題がまだ終わっていない方は是非参考にしてみてください。このページで公開されている読書感想文は模倣、改変、複製等を許可しています。ただし、著作権は放棄しておりませんので自分の作品と偽って外部へ提出、出品等することはおやめください。

また、当作品に関していかなるトラブルが発生しても当方は責任を取りません。繰り返します。

当方は責任を取りません!

「デイ・オブ・ザ・ロブスター」を読んで(1815文字)

夏休みがはじまる前、クラスの皆で大事に育てていたザリガニが死んでしまいました。わたしたちのお世話の仕方が間違っていたのではありません。ザリ吉とザリ美は、クラスに転校してきたボブ君に殺されてしまったのです。

お水のお掃除を忘れるとザリガニは臭くなるので、ちょっといやだなあと思ったこともありますが、何も殺すことはないとわたしは思いました。ボブ君は転校してきた最初の日に、「ロブスター!? ぼくはロブスターなんて認めないぞ! アレがニンジャスレイヤーの作品を名乗るなんて言語道断だ!」とハアハア叫びながらザリ吉とザリ美を殺してしまいました。わたしは何が起こったのかよく分からなかったのですが、ザリガニは英語でロブスターと言うのだということが不思議と心に残りました。ボブ君は先生に連れていかれてそのまま早退しました。

夏休みのある日、公園で忍者ごっこをしているボブ君と会いました。忍者なんていないのにおかしなことをするなあと思いましたが、ふと、どうしてザリ吉とザリ美を殺してしまったのかとわたしはたずねてみました。するとボブ君は一冊の本、「デイ・オブ・ザ・ロブスター」をわたしに見せてくれました。

それはニンジャスレイヤーという小説のエピソードなのだそうです。しかし内容があまりにもひどいので、読者の人たちはロブスターをにくんでいるとボブ君は言いました。だからボブ君はクラスのザリガニを殺してしまったそうです。けれども、ボブ君が見せてくれた本は本屋さんで売っているようなものではなくて、表紙に大きなはさみのザリガニの絵が描いてある手作りの本でした。「どうしてロブスターをにくんでいるのにこんな本を作って持ち歩いているの?」とわたしが訪ねると、ボブ君ははずかしそうな顔をして逃げてしまいました。もしかしたら、ボブ君はロブスターが本当は好きなのかもしれないとわたしは思いました。

わたしはボブ君に借りた「デイ・オブ・ザ・ロブスター」を読んでみました。なんだか不思議な感じのする文章でしたし、とつぜん新しいキャラクターが出てきたりするのでわたしは少し混乱してしまいました。でも、ヤクザが怒っているシーンやロブスターとニンジャスレイヤーが戦うシーンはすごく緊張感があっておもしろかったです。ボブ君が描いたと思われるナンシーの絵はちょっとえっちでした。

わたしは面白い本だと思ったのですが、「ニンジャ…殺すべし」と言いながらロブスターにおそいかかるニンジャスレイヤーはすごくこわいと感じてしまいました。なぜなら、ロブスターはザリガニの姿をしているからです。どう見ても人ではないですし、忍者の姿もしていません。どうして彼はロブスターが忍者だと思ったのでしょうか。そもそも彼はどうして忍者と戦っているのでしょうか。忍者なんていないのに。

気になってボブ君にたずねてみると、ニンジャスレイヤーは奥さんと子どもをわるいニンジャに殺された過去があって、その復しゅうのために戦いつづけているそうです。もしかしたら、そのにくしみのあまりわるいやつは全部ニンジャだと思いこんでいるのかもしれないとわたしは思いました。彼の頭はおかしくなっているのかもしれません。そうでもなければロブスターとニンジャを見間違えるなんてわたしには考えられません。

ザリ吉とザリ美を殺したときのボブ君も、何だかふつうではなかったと思います。すごい顔をしていました。もしかしたらニンジャスレイヤーも同じような顔をしていたのかもしれません。道徳の授業で復しゅうはいけないことだと教わりました。「デイ・オブ・ザ・ロブスター」を読んだことで、わたしはそのことがより身にしみて分かりました。にくしみのあまり自分が何をやっているのか分からなくなって、他の人をましてやロブスターを殺すなんておかしいと思います。ザリ吉とザリ美はもう帰ってきません。

ボブ君によると「デイ・オブ・ザ・ロブスター」にはつづきがあるそうです。「デイ・オブ・ザ・ロブスター2」では復活したロブスターがニンジャスレイヤーに復しゅうしようとしてまた殺されてしまうそうです。やっぱりにくしみによる復しゅうではいいことは何もおこらないのかもしれません。「デイ・オブ・ザ・ロブスター3」の内容はまだボブ君も知らないそうです。ニンジャスレイヤーに殺される未来ではなく、ロブスターとニンジャスレイヤーが仲良く暮らせる物語だったらいいなあと、わたしは思いました。

ニンジャヘッズがあほなのではないかという懸念

小学校高学年から中学生くらいのイメージで感想文(ボブ君観察日記)書きました。ちょっと文章整いすぎかな? まあいいさ!

ヘッズはやはりアホなのでは? ウィーピピー! そんなことより2000DHNJSP、さらにブロゴ行為で1000DHNJSPをゲットだぜ! ニンジャ大臣賞はあたいがいただきだ!