ニンジャスレイヤーの名エピソードの一つ、【ラスト・ガール・スタンディング】が早くも第3話と第4話でアニメイシヨンに登場しました。前後編でしたので記事も一つにまとめておきたいと思います。

ニンジャスレイヤー屈指のカワイイなキャラクター、ヤモト・コキ! ヤモッチャンが動いてしゃべっているだけでフィヒフィヒしたくなってくる始末です。カワイイヤッター! アサリ=サンもカワイイヤッタ-!

それではアニメイシヨンの第3話と第4話、【ラスト・ガール・スタンディング】の感想と紹介を書いていこうと思います。

第3話の感想

すごい!アニメしてる!?

アニメ作品に対してアニメしてるという感想もいかがなものかと思いますが、冒頭からのシーンが普通にアニメしていて驚きました。それでいてショーゴ―=サンがフラッシュになると不思議と笑みがこぼれてしまう辺り、すでに研修されているのだなあと感じるのでした。ホッとしますよね。あれ。

【ラスト・ガール~】はヤモト・コキの初登場エピソードですし、彼女にスポットライトが当たり続けるのは大方の予想通りだと思います。彼女のカワイイなシーンがたっぷり描かれていて嬉しい限りでした。しかし、しかし! 私は正直ヤモッチャンのカワイイなところよりもソニックブーム=サンの格好良さがぐさりと突き刺さったのでした!

原作やコミカライズよりもさらに筋肉もりもりになったソニックブーム=サンの威圧感は半端なく、声優さんの演技がめちゃくちゃ格好良くて、終始興奮していたのでした。粘つくような「エエッ?」ってセリフがもう最高で、リピート再生の手が止まりません。

原作やドラマCD、そしてコミカライズからも正直ここまでの衝撃は受けませんでした。それほどまでにアニメイシヨンのソニックブーム=サンは本当に格好良いと強く感じたのであります。アサヤモでフィヒフィヒするつもりだったのに「ヒュー!兄貴!」って感じで見てました。おっかしいなー。

それと第3話で忘れられないのがED曲です。各所で話題にもなっていましたが、第3話のED曲【劇場支配人のテーマ】は本当に素晴らしいと私は感じました。第1話から第3話まで毎回変わるED曲はどれもこれもが素晴らしくハズレがありません。昨今のアニメでは第3話が肝という風潮がありますが、その衝撃を音楽でぶつけられた気分でした。

ビルの隙間から覗くED画面は非常に狭く、キャラクターの画は極めてシンプルに描かれています。余計な動きがない分、音楽がストレートにぶつかってくる印象を強く感じさせる構成です。視聴者は画よりも音楽に集中出来るのですが、これは明らかに狙った効果でしょう。音楽に対するスタッフの姿勢には並々ならぬものを感じてしまいます。そもそも毎回EDが違うって何なのさ。

その意味で、アニメイシヨンは【】がキーワードにあるのではないかと思っています。未だ第4話までしか視聴していないのでこれから先どうなるかは分かりません。しかし、アニメイシヨンの音が作り出すアトモスフィアにはただならぬものを感じます。視覚よりも聴覚でニンジャスレイヤーの世界観が見えてくる気がするのです。

第4話の感想

ヤモト=サンカワイイ!カワイイヤッター!

ヤモトたちが居たカラオケ店はタラバーカニ食べ放題が売りで、カニボタンを押すことで部屋に調理されたカニが配膳される仕組みです。しかしボタンを押しても音が鳴らなかったことでヤモトは連打してしまいます。この時点でヤモトは店のシステムを理解していません。その後のシーンでもヤモトは歌いたい曲が見つからず結局一曲も歌っていません。これまで友達のいなかったヤモトはそもそもカラオケ自体が初めての体験だったのです。

そんなヤモトを友人たちは温かく迎えてくれます。ヤモトが誤ってボタンを連打すれば「じゃあ私も!」と一緒に笑ってくれます。曲が見つからないと言うよりかはおそらく選べないヤモトに対して、アサリ=サンは一緒に曲を探してくれます。

すごく何気ないシーンなんですが、ヤモトと友人たちの気遣いとユウジョウが垣間見えるすごく大事なシーンです。だからこそ、ソニックブーム=サン!来るんじゃねぇええ!という展開と待ち受ける運命に切なくなってしまいます。ソニックブーム=サンが凄くいい声なのも嫌らしいです。ああ、カッコイイ、カッコイイけども! ソウカイヤがいなければこのまま友人たちと過ごす幸せがあったのかもしれないのだから!

しかし、例えソニックブーム=サンがいなくともヤモトには親殺しの過去があるため、いずれはこのような事態に巻き込まれていたことでしょう。インガオホーとも言えるのか、過去が巡り巡って今へとやってくるはずです。

出典:【ラスト・ガール・スタンディング】#5より

『過去が今、私の人生を収穫に来た』

アニメイシヨンでは割愛された言葉ですがこのハイクが全てを現しています。個人的にはアニメイシヨンでも聞きたかったハイクですが、尺とヤモトの過去編をやるわけがないという事情(2015年5月放送時「親殺し」に関する原作エピソード自体がまだ公開されていない)を鑑みれば仕方ないのかなあとも思います。いや、でもやっぱりアニメイションでも見たかったなー。

アニメイシヨンは尺の都合上、シーンのカットは避けられません。30分アニメだったとしても避けられないでしょうし、10分アニメならなおさらのことです。どうしても「あのシーンが見たかった!」という部分が消えてしまうのは仕方がありません。でも逆に言えば、アニメイシヨンを見てから原作やコミカライズを読まれる方は新しい発見や驚きにも出会えることでしょう。その辺りは純粋に羨ましいと思いますし、是非原作やコミカライズにも手を出していただければなあと既読の私なんかは思ってしまいます。

特に【ラスト・ガール~】は見所だらけのエピソードですし、全てを描ききることはなかなか難しいのだと思います。しかし、ラストの「ユウジョウ!」のシーンがこれ以上ないほどに素晴らしかったところは賞賛に値します。【ラスト・ガール~】はあのシーンこそが最も大事だと私は思っていますので、そこをきちんと描いてくれたのはとてもうれしく、そして感激したのでした。アニメイシヨンありがとう!

だが、アサリ=サンが寝間着姿ではなく制服だった点は絶対に許さない。豊満な身体を包み込む柔らかい寝間着に私室という油断しきった状況で「アイエエエ!」と歓喜の悲鳴を上げてヤモトに抱きつき罪罰罪罰罪罰罪罰罪罰……ユウジョウ!感動しました!【ラスト・ガール・スタンディング】最高でした!

ラスト・ガール・スタンディング

キョートからネオサイタマに転校してきた女子高生のヤモト・コキ、友達もまだいないヤモトに対して同級生のアサリは親切に接して二人はすぐに仲良くなりました。しかし下校途中の二人は強姦殺人目的のヨタモノに襲われてしまいます。

アサリを助けたいヤモトは奇妙な時間感覚の中、自分の中にもう一人の自分の感情が沸き上がってくることに気がつきます。それは、以前から自分の中にいたシ・ニンジャの気配で……。

ニンジャとなったヤモトはソウカイヤに狙われることになり、ここから彼女の逃避行が始まりを告げるのでした。

【ラスト・ガール・スタンディング】ニンジャスレイヤー Wiki*

ニンジャスレイヤーを代表するカワイイなキャラクターの一人、ヤモト・コキ! フジキドとはまた違った魅力を持つヤモトは、ニンジャスレイヤーの第2の主人公とも呼べるキャラクターです。

ヤモトを主人公としたエピソードは数多くありますが、中でも【ラスト・ガール・スタンディング】は彼女が初登場する旅立ちのエピソードとして極めて完成度も高く人気があります。そしてニンジャスレイヤーの世界観が分かりやすい内容でもあるため、これからニンジャスレイヤーを読んでみようという方にもおすすめ出来るエピソードの一つに数えられます。

書籍では第1部ネオサイタマ炎上の第1巻に収録されており、まさに初めてニンジャスレイヤーを読むという方が出会うエピソードなのです。

もちろん【ラスト・ガール~】はネット上で無料公開もされています。下記のリンクから閲覧出来ますので、是非読んでみてくださいな。

そして【ラスト・ガール~】は無印版のコミカライズにもなっています。ネットでも無料公開されていますし、書籍では無印コミカライズの第2巻と第3巻に収録されています。

迫力あるカラテのシーンは必見ですし、ショーゴ-やヤモトの細やかな表情の変化も見逃せません。特に、特に! ソニックブーム=サンの登場シーンは是非アニメイシヨンと見比べてみてください。アニメイシヨンの兄貴も好きだけど、無印の兄貴も格好良すぎるのです!

出典:コミカライズ【ラスト・ガール・スタンディング】#2(前半)より

スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ

【ラスト・ガール~】を読んだ方は是非、是非! 【スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ】というエピソードを読まれることを強くオススメします。

【スワン・ソング・サング・バイ・ア・フェイデッド・クロウ】ニンジャスレイヤー Wiki*

このエピソードは【ラスト・ガール~】の続編にあたり、アサリと別れを告げたヤモトのその後が描かれています。作中屈指の人気エピソードであり、私はこのエピソードを読んだことでニンジャスレイヤーという作品にのめり込んでいきました。

【ラスト・ガール~】がヤモトの始まりのエピソードであるならば、【スワン・ソング~】はヤモトが自分で歩き始めたエピソードです。ヤモトは大切なものを授かり、ここから彼女の本当の物語が始まりを告げます。この二つのエピソードは両方揃って大きな意味を持つエピソードです。是非、【ラスト・ガール~】を読んだ後には【スワン・ソング~】を読んでみてくださいな。